【お洒落】瀬戸内吟醸系らぁ麺 錦iwamotoの鯛塩らぁ麺「寿」と偶然が重なって出会えました【ギザ深み】

お昼休みに(前置きが長いです)

どーも不定期更新の愛媛グルメナビゲーターです。

とある平日に街中でお仕事がありました。仕事は12時頃に無事終わって、さぁ昼休み。

お昼ごはんをどこ行くか決めないまま、気ままに歩いて気になったお店に入ることにしました。

5分ほど歩くと、交差点で作業着の団体さんと遭遇

こういう地元で働いている団体さんって、きっと美味しいお店を知っているんだろうなぁ。。。
この団体さんに付いていったら、私の知らないお店と巡り会えるかも知れない。

そう思った私は、団体さんの後ろをこっそり付いて行くことにしました。

団体さんは途中で二手に分かれて、片方は大街道のびいどろ(ちゃんぽんが美味しいですよね)に入っていきました。久しぶりにびいどろへ行くのも良いなぁと思いつつ、もう片方がどこへ行くのか気になってしょうがない。

もう片方の団体の団体の後ろを付いていくと、大街道から出て、東へずんずん進む進む。

そして到着したのがCoCo壱番屋(松山一番町店)!!

なるほど、ココイチですか。ココイチも好きだけど、好きなんだけれど。。。外から見ると店内が満席だったのに加え、そもそも前々日にカレーを食べてるのでココイチはスルーしました。

はて、困った。刻々とすぎる昼休み。まだお昼ごはんのお店が決まらない。

なんとなく交差点を北に渡って、ロープウェイ街の裏手というか少し路地に入ったところで、遭遇したのがこちら

お店の名前は瀬戸内吟醸系らぁ麺錦iwamoto

雰囲気というか面構えは、あんまりラーメン店っぽくないというか隠れ家的な印象

気になったので、お店に入ってみることに。。。

おおお

お店の中に入るとちょっと薄暗くて、おしゃれな雰囲気

でも思ったより中は広い。

カウンター席に加えて、テーブル席が3つあります。

お酒が色々置いてあって、夜は居酒屋というかBarとしてやっているんでしょうね。

カウンター席はすべて埋まっていて、テーブル席が1つだけ空いていました。

お店の方から「奥のテーブル席へどうぞ〜」と案内されたので、テーブル席に腰を下ろして、メニューを眺めることに

ランチメニューはシンプル。

鯛塩らぁ麺「寿」と鯛塩つけSoba「福寿」の2種類に加えて、醤油ラーメンもあるんだとか

まずは基本というか、メニューの一番上にあるからお店のイチオシなのだと推測して、鯛塩らぁ麺「寿」を注文しました。せっかくなので味玉を乗せて。

ついでに、鶏皮餃子も頼みました。

香り

待つこと10分ぐらいで到着したのがこちら

鯛塩らぁ麺「寿」

お店の方が持ってきた時に、「食べ終わった後に雑炊にしたら美味しいんで、声をかけてくださいねー」とおっしゃってたので雑炊決定です。麺を増量しなくて良かったー

席に到着したと同時に、すごく上品だけど、でもパンチのあるいい香りがふわ〜っと鼻にやって来ます。

麺は中太の加水少なめのシコシコ

歯切れが良くて美味しいですね〜

スルスル食べると、鯛の風味と一緒に喉奥までパンチがやってきます。

塩であっさりなんだけど、パンチが効いてて、後味が引き締まってるんですわ

スープが美味しいけれど、後々の雑炊のために飲みすぎないように注意

表面的に言うと、塩がちょうどいいあっさり加減で、ちょっとだけあぶらの甘み。ピリリとスパイスが全体を引き締めてて、鯛の香り高いスープ

20ターン目ぐらいのジェンガのように絶妙なバランスで成り立ってます

さっぱりとか、あっさりとか、上品という言葉だけじゃ片付けられない

鯛の風味が鼻を抜けて、後味というか、最後に柑橘の清涼感がカミソリのようにサッと斬りつける

なんやかんや色々書きましたけど、シンプルにうまい!!

でっかいチャーシュがごろりと1枚

このチャーシューはすごく丁寧ですね

柔らかくて、味がよく染み込んでます

締めの雑炊のほうがあってない??

食べ終わったので、お店の方にご飯を頂いて雑炊にしました。

「そのまま入れちゃってください」と言われたので、そのまま残ったスープに投入

ラーメン屋さんにこういうこと言うと失礼かも知れないけど、ラーメンよりも雑炊の方が好きかもしれないです。わたし。

これ不思議なんだよなぁ、麺で食べるとパンチが効いてると思ったのに、ご飯でたべると少し角が取れてまろやかに感じる。ご飯のデンプンが熱によって甘みを増して、それがラーメンの塩気と合うんですわ

ご飯をひたひたにして、スープと一緒に口に放り込むと、まぁお上品。雑炊は絶対マストです。

鶏皮餃子は春巻き感

こちらは一緒に注文した鶏皮餃子

ちんまいクロワッサンみたいな見た目

口に一気に入れると、熱々でハフハフ

もっちもちで、鶏皮の旨味が凝縮されて、うまい表現が思いつかないですが、ざっくり言うと春巻きみたいな印象

もっちもちで、甘々の濃厚な鶏皮に、外は春巻き感のある薄いパリパリ

最後に

何気なく歩いて、何気なく団体さんについて言って、何気なく路地に入ったら見つけたお店

偶然と偶然が重なって、運命のような巡り合いで、美味しいお店を見つけました。

会社からちょっと遠いんだけど、遠出してでも食べたいお店ですね。

鯛塩つけsoba「福寿」も気になるので、近々リピートしたいと思います。

以上、簡単ですが、瀬戸内吟醸系らぁ麺 錦iwamotoの鯛塩らぁ麺「寿」の紹介でした〜


●店名:瀬戸内吟醸系らぁ麺 錦iwamoto

●住所:愛媛県松山市一番町2丁目7−2

シェアしてね!

コメントを残す(メールアドレス不要です)