0_中心部

スパイスバル モネのニワでスパイスの世界へようこそ

はじめに

どーも不定期更新の愛媛グルメナビゲーターです

今日紹介するのはこちら!!

モネのニワ

ふと

とある平日にダイニングブドリでオムライスを食べました。ちなみに、その様子は以前当ブログで紹介しています。

ダイニングブドリで食事を終えた後、郵便局に用事があったので歩いていたら、ふと目に入ったのがこのメニューのPOP

ほーん。ランチもやってて、カレーが美味しそう。これは良いお店を発見しました。

よし、次のランチはここで決定!!

ということで、後日、昼休みに入るやいなや、ダッシュでやってきたのがこちら!!

スパイスバル モネノニワ

モネノニワは元々東京に店舗があったそうなんですが、今年7月に移転オープンしたそうです。

なお、店名は保護猫の名前「モネ」が由来だそうですよ。

全部、お店のインスタグラムからの情報です。てへ。下記にお店のインスタグラムも貼っておきます。

ギシギシと細長い階段をのぼるとお店に到着!!

店内に入ると運良くカウンター席が空いたので、カウンター席へ案内されました

入り口から入って左手にカウンター、右手にテーブル席もあります。

明るくて、居心地の良さそうな店内

あらためて、メニューはこんな感じ

ちょっと光の反射で見づらくてすみません。

私はスパイスカレーに決定!!

せっかくなので、砂肝のピックルと、ビーツのポテサラもトッピングしちゃいました。

スパイスーーー

待つこと10分ぐらいで到着したのがこちら!!

スパイスカレー(ビーツのポテサラと砂肝のピックルをトッピング)

カレーのスパイスの香りがぶわぁぁっと来て、食欲を刺激しますね。元々お腹空いてましたけど、更に2割増しでお腹が空いてきました。匂いだけで胃がウォーミングアップを始めます。

私、スパイスは詳しくないんすけど、見ただけでスパイスが凄いのが分かる(語彙力なくてすみません)

ライスはターメリックライスです。おいしそー

食べてみると・・・うん!!

美味しい!!

カレーは本格的な複雑なスパイスの刺激。鼻から抜ける香りが新鮮。でも、本場のカレーみたいに辛くなくて、食べやすい辛さ

辛いのが得意な私には中辛よりの甘口ぐらいに感じました。でも、舌の先に心地よい針のような刺激があって、美味しいです。

ターメリックライスがお米の甘さを感じるような、ソフトで優しい味。カレーの刺激を少し中和しています。口の中でほろっと崩れて、水分少し少なめなので、カレーと相性ばっちり。口の中で崩れて、カレールーと一体となってほぐれる感じ良いですね。

舌全体をお米の甘さや、ルーのベースが包み込んで、後味はスパッとスパイスの後を引かない刺激のバランスの良さが素晴らしい。

こちらは砂肝のピックル

ピックルってそもそもなんだ?って思ってたのですが、自宅に帰って調べてみたらインドの保存食。オイルやスパイスでお肉や野菜を炒めたものなんだそうです。

食べてみたら、砂肝の少し弾力を感じる歯ごたえと、噛み切った後のジャギジャギした食感が美味しい。噛めばオイルとニンニクの香りが広がる。オイルの甘さとスパイスの刺激。

カレーと時折合わせて食べると、日本の福神漬けのように味わいが変化。オイルの甘さ、お肉の旨味、ニンニクがアクセントになります。単品でお酒のおつまみとして食べても絶対美味しいと思う。

私、ポテサラが好きなのでトッピングした「ビーツのポテサラ」

ビーツは真っ赤なカブや大根に似た野菜。でも実はほうれん草の仲間なんですって。

ビーツが入っているので、ラベンダーブラッシュのようなきれいな薄ピンクがおしゃれなポテサラ

丁寧にこしてあって、柔らかくソフトな舌触りで美味しかったです。

個別で写真は取ってないですが、付け合せの紫キャベツなどの野菜の漬物がさっぱり酸味があって美味しかったです。インドの漬物でアチャールというものらしいです。

最後に

全部食べてお腹いっぱい大満足です。

カレー大好き人間なので、これはまた食べに来たいですね。

マトンキーマカレーも気になったので、次はマトンキーマカレーにしようかな、それとも2種類食べれるあいがけカレーにしようかな。また、次は辛口に挑戦してみたいっすね。今から、色々と楽しみです。

以上、簡単ですがスパイスバル モネノニワの紹介でした〜

◯店名:モネノニワ

◯住所:〒790-0003 愛媛県松山市三番町3丁目1−14 吉田ビル 2F

○営業時間、定休日はあえて掲載しません。紹介したすべてのお店の情報を最新の状態に維持できないため、誤った情報を掲載するとお店にご迷惑をおかけするためです。

コメントを残す(メールアドレス不要です)