ボーノレガーロ  全部美味しい5400円のコース

①はじめに

この記事は旧ブログ(ココログ)の記事を移転したものです。

掲載されている情報は執筆時点でのものであり、現在と異なる場合がございます

②ボーノ レガーロへ

今回は、飲み会に誘われて、ボーノレガーロというお店にやってきました!!


すぐ隣に NANAというラブホテルがあるので見つけやすいです。ええ

お店に入ると、右手にカウンター、左手にテーブル席
奥にも席があるようです。
私達のグループは左手のテーブル席に着席しました。

③5400円の飲み放題コース

席に着席すると、シェフがコースの説明
5400円で飲み放題つきにするか、飲み放題はないけども料理が豪華になるコースかを選びます。 
今回は飲み放題付きを選びました(・∀・)/

まず到着したのが、ゼッポリーネ
ピザ生地を丸めて、中に生のりが入ったものを揚げたものだそうです。
シェフがわざわざ席にやってきて、料理の説明をしてくれるのが嬉しいですね

要は生のりの入った揚げパンみたいなもんだと思います。
これが3人分です。

揚げパンとは言ったものの、ピザ生地を丸めたものなので、口に入れるとふんわりと柔らかくて、もっちりした弾力があります(・∀・)/
生地の口当たりが優しくて、舌触りが気持ち良いです♪♪
噛みしめると、中にたっぷり入った生海苔の風味が口に広がって、海苔のしょっぱさが、衣と良く合います(・∀・)/
衣は軽くてサクッとしているので、天ぷらっぽい衣です。

イタリアンなんだけど、和食っぽくて、日本人は好きな味だと思います

続いてサラダ
カブの彩りが綺麗です(・∀・)/
酸味のあるドレッシングがさっぱりして、爽やか
薄切りのカブがシャキシャキして良いね!!
これは3人分です。

こちらは熟成肉の生ハム
3人分なので、1人2切れ

店内が薄暗いのと、お肉の色合いが暗めなので写真を綺麗に撮影するのに心血を注ぎました

口に入れると広がる塩と胡椒の風味
でも、スパッとした切り傷の様にすぐに塩味が引いていって
牛肉の濃厚なアミノ酸の旨味が複雑に落ちてきます
しばらく口の中に残って、余韻を楽しむことができます
芳醇でワインとかお酒によく合いそうですね!!

こちらはプラチナポークのテリーヌ
岩手県産の白金(プラチナ)豚を使っているそうです。

1皿で3人分

上品!!
柔らかくて、口の中でほろほろとほぐれて
じんわりと脂が染み出してきて、脂の甘さが口に広がります
上品であっさりした豚肉がとにかく柔らかくて、歯が要らないぐらいです

一番盛り上がったのがこちらのピエモンテ風トリュフのオーブン焼き
シェフが目の前でトリュフをすりおろしてくれます!!

トリュフは1キロ7万、8万ぐらいするそうですよ(うろ覚えなので間違えてたらすみません)

中に卵が入っていて、かき混ぜてから食べます
もう顔を近づけただけで、トリュフの香りが漂ってきて、凄く良い匂い!!
あのキノコ独特の香りが堪らんです

こちらは真鰯のシチリア風パスタ
鰯のパスタなんて人生初!!
こういうコースじゃないとなかなか手を出さないですね
大抵、ミートソースとかカルボナーラとか、味の想像がつくものを頼んじゃいます。

食べてみると、口の中いっぱいに鰯の風味が(・∀・)/
鰯の臭みとかそういう嫌な感じが全然しないんですが、風味が豊かです。
あと後味がちょっと甘いというか独特な香辛料の感じがします

す〜〜っと後から香辛料が効いてきます。
見た目とは裏腹に結構さっぱりというか爽やかなパスタでした

こちらがメインディッシュの頬肉のステーキ
3日間も煮込んでるそうですよ(・∀・)/

ナイフを入れると、いとも簡単に切れます。
いや、切れるというよりほぐれると言ったほうが良いか。
肉じゃなくて、魚かと思うほどの柔らかさです。
口に入れると柔らかくて、とってもジューシー
でも脂身がなくて、赤身のしっかりとした肉感
繊維がほろほろほぐれて、噛めども噛めども旨味の底なし沼

でも肉の繊維がいつまでも口の中に残らなくて、溶けていく感じ。
思わず無言になるほどの美味しさです(・∀・)/

④最後に

5400円という、気軽に払える金額ではないお値段のコースでしたが
飲み放題付きということを考えると、普通の飲み放題の値段+1000円程度でこのクオリティの料理が食べられるなら納得ですね。

料理が美味しいのもありますが、シェフが席までやってきて、説明して頂いたり、その場で料理の最後の仕上げをしたりと言った、演出がにくいですね(・∀・)/
こういう特別感というか非日常感が、グッと心を掴むのだと思います。

ほぼ満席+予約でいっぱいなのも納得です。
私はお酒を飲まないので、次は飲み放題なしの料理だけのコースを食べに来たいと思います。 

なお、私が訪れた時は予約の札がほぼすべての席に置いてあったので、予約してから来店することをおすすめします。

以上、ボーノガレーロの紹介でした〜


●店名:ボーノレガーロ

●住所:愛媛県松山市一番町1-5-7

シェアしてね!

コメントを残す(メールアドレス不要です)