1_グルメ

【大阪・新世界】じゃんじゃん横丁のやまと屋の寿し本店で串かつと寿司を食べまくってお腹がパンパン【両方いけちゃう】

はじめに

どーも不定期更新の愛媛グルメナビゲーターです

今日紹介するのはこちら!!

やまと屋

試験を受けたついでに

とある週末に嫁の実家の大阪へ帰省しました。

平日2日間の有給を取って、土日を挟んで3泊4日の帰省です

さて、その中日の土曜日に嫁が「友達と和歌山へライブに行ってくる。」と言うので、私は嫁の実家に置き去りに。一人でのんびりしてもいいけれど、せっかくなので、暇つぶしに大阪で資格試験を受験することに。

受験したのはLinuxというOSの試験。LPIC-201試験です。

結果は・・・合格!!

やったね!!

受験会場は大阪の天王寺でした。

受験会場が天王寺だということを嫁の両親に伝えると「

よし、じゃあ、試験が終わったら、じゃんじゃん横丁に串かつを食べに行こう!!

っと、串かつのお店へ連れってってくれることになりました。

受験が終わった後に、天王寺駅で嫁の両親と待ち合わせ

場所は大阪の新世界。天王寺駅から歩いて10分ぐらい。

横丁を入って歩いていると、どのお店の行列が出来ていて、外国の方も非常に多い。。。

ずんずん歩いて横丁の奥でたどり着いたのがこちら!!

やまと屋 寿し本店と居酒屋本店

やまと屋は大阪・新世界を中心に居酒屋、寿司屋、立ち呑み屋を展開している飲食グループです。

こちらが本店になるのですが、観光客は目に付きやすい別の店舗で行列を作るみたいで、こちらの店舗は比較的空いていました。

特徴的なのは寿し本店と居酒屋本店が隣同士なこと。

中に小さな窓があって、互いの店の料理をやりとり出来るので、どちらの店舗に入っても、串かつと寿しを楽しむことが出来ます。

メニューはざっくりこんな感じ。お寿司は単品もセットもあります

写真が小さくて全然見えないと思いますが、とにかくメニューが多いです。ぜひ、お店を訪れた際にじっくりとご覧ください

うまい

まず頂いたのは、どて焼き

スピードメニューということで速攻で到着

どて焼きは大阪発祥と言われていて、ざっくり言うと「牛すじを味噌で煮込んだ(焼き込んだ)料理」

牛すじはトロトロに柔らかくて、味噌の味が甘めで美味しかったです

続いて、マグロの造りや唐揚げ等の居酒屋メニューを頂きました。

そして、いよいよお待ちかねの串かつ

こちらは牛と豚バラ

出来たてなので熱々です。衣がサクッとして美味しかった!!

中の具が大きめで食べごたえありますね。お肉に厚みがあるんすよ。

串かつがどんどん運ばれてきます。

こちらは左から、玉ねぎ、ウィンナー、うずらの玉子

どれも美味しい。個人的にはウィンナーが美味しかった

ウィンナーの串かつはアメリカンドッグみたいな印象です。

うずらは中が激アツなので火傷に要注意です

紅生姜、つくね、ミニトマトです

個人的に紅生姜がお気に入り。大阪では紅生姜の天ぷらがメジャーでして、スーパでも人気のお惣菜。私も大阪に住んでた時は、紅生姜の天ぷらをよく食べてました。

揚げ物なのに、生姜がさっぱりして美味しいです。

そして、つくねはボリュームが凄い。2本頂いたのですが、ずっしりヘビーです。でかいし、密度が高くて凝縮されてます。

〆に

〆にお寿司を頂きました

8貫セットで770円。結構安い!!

具がデカくて、スーパーや回転寿司のお寿司の1.5倍以上のボリュームです

お寿司大好き人間の私にはたまらないっすね。

想像以上のボリュームでお腹がパンパンになりました。

どのネタも美味しかったです。こういう廻らないお寿司が好きなんですけど、リーズナブルなお店が大阪には多いので羨ましいです

こちらは鉄火巻とうなきゅう

うなきゅうは鰻がとろけるぐらい柔らかくて、脂が乗って美味しかった!!

最後に

全部食べてお腹いっぱい。パンパンです。歩くのがしんどいぐらい食べました。食べすぎました。

大阪に2年半住んでましたが、実はお店でちゃんとした串かつを食べたことがないので良かったです。新世界の方って結構ディープなので、地元の方にお店を案内して貰うのが一番っすね。

私はもっぱら京橋に住んでたのが京橋はそこそこ詳しいんですけどね!!

以上、簡単ですが、大阪の新世界 じゃんじゃん横丁のやまと屋で串かつと寿しを食べたお話でした〜

○店名:やまと屋

○住所:〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東2丁目4−3

○営業時間、定休日はあえて掲載しません。紹介したすべてのお店の情報を最新の状態に維持できないため、誤った情報を掲載するとお店にご迷惑をおかけするためです。

コメントを残す(メールアドレス不要です)